府民講座・イベント情報

府民講座

府民講座のご案内 府民講座レポート イベント情報
府民講座のご案内

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために医療、介護、福祉そして地域はどうあるべきか。今とこれからを考える府民講座を開催します。

※平成25年度の府民講座は全て終了しました。

府民講座レポート

平成25年度開催済みの府民講座の様子はこちらをご覧ください。

府民講座レポート「ペコロスの母に会いに行く」
府民講座レポート「ペコロスの母に会いに行く」の様子
漫画家・シンガーソングライター 岡野雄一氏
平成25年度最後の府民講座は、認知症の母との日々を描いた漫画『ペコロスの母に会いに行く』の原作者、岡野雄一氏を招き、対談・鼎談の形式で行われました。同時に開催された漫画展の様子もお届けします。
府民講座レポート「最期までその人らしい生活を支える在宅医療」
府民講座レポート「最期までその人らしい生活を支える在宅医療」の様子
講師:仙台往診クリニック院長 川島孝一郎氏
日本では制度や支援体制の整備など、望めば誰でも在宅医療を受けられる体制が整っています。よりよく生きるために大切な在宅医療のあり方や、地域包括ケアの重要性についてお話しいただきました。
府民講座レポート「まちで、みんなで、認知症をつつむ~共感と協働のまちづくり~」
府民講座レポート「まちで、みんなで、認知症をつつむ~共感と協働のまちづくり~」の様子
講師:大牟田市認知症ライフサポート研究会代表
大谷るみ子さん
徘徊模擬訓練や子供を対象とした絵本教室、独自のコーディネーター研修など、先駆的な認知症対策を行ってきた大牟田市。地域全体で認知症の人を支えるまちづくりについてお話しいただきました。
府民講座レポート「認知症の初期集中支援~地域と専門チームの取り組み~」
府民講座レポート「認知症の初期集中支援~地域と専門チームの取り組み~」の様子
講師:敦賀温泉病院 理事長 玉井顕氏
認知症で重要なのは早く気付き、よりよく知ること。認知症の啓発や地域でのコミュニティづくり、行政との連携など、様々な取り組みの実態についてお話しいただきました。森俊夫・府立洛南病院副院長との対談の様子も掲載しています。
府民講座レポート「安らかな看取り~平穏死について考える~」
府民講座レポート「安らかな看取り~平穏死について考える~」の様子
講師:東京都世田谷区立特別養護老人ホーム「芦花ホーム」常勤医師 石飛幸三氏
本人や家族の意思と関係のない延命処置により、平穏な最後を迎えられない人が増えています。人生の最後に医療をどう活用すればよいか、さまざまな事例を元にお話ししていただきました。
府民講座レポート「なるな寝たきり、つくるな寝たきり~住民主体の介護予防~」
府民講座レポート「なるな寝たきり、つくるな寝たきり~住民主体の介護予防~」の様子
講師:茨城県立医療大学 名誉教授
茨城県立健康プラザ 管理者 大田仁史氏
寝たきり状態にならないようにするためにはどのような対策が必要か。高齢化社会で重要な介護予防について、実例をまじえたお話をしていただきました。
府民講座レポート「認知症を知る~早期発見のポイントと対応~」
府民講座レポート「認知症を知る~早期発見のポイントと対応~」の様子
講師:京都府立洛南病院 副院長 森俊夫氏
超高齢社会に入っていく中、認知症の問題はどうなっていくのか。最新データからみる認知症の現状と問題点、認知症を正しく知るためのポイントや京都の取り組みなど、さまざまな情報が紹介されました。

イベント情報

地域包括ケア3大プロジェクトキックオフイベント

2013年6月3日(月)、地域包括ケア3大プロジェクト普及啓発キャンペーンのキックオフイベント「ラジオで和ぃ和ぃミーティング あんしん高齢社会~みんなが主役~スペシャル」を開催しました。

イベントレポート