京都式オレンジプラン

京都式オレンジプラン(京都認知症総合対策推進計画)

プラン策定の趣旨
京都式オレンジプラン(京都認知症総合対策推進計画)は、医療・介護・福祉等関係機関が連携し、認知症の早期発見・早期対応、認知症ケアの充実や家族への支援など、関係機関・団体等の役割の明確化を図るとともに、府民、関係団体、行政、事業所それぞれの行動指針となるよう策定します。
目指すべき姿
認知症になっても本人の意思が尊重され、住み慣れた地域で暮らし続けられる社会(認知症になっても安心して暮らせる京都を目指して)
計画期間
平成25年度~平成29年度
プラン構成
京都式オレンジプランの構成

アイメッセージ

認知症の人とその家族の思いを、アイメッセージとしてオレンジロードに位置づけ、オール京都体制で、こうした目標に向かって検証と評価を繰り返しながら、認知症に正面から向き合い、あらゆる困難が克服されるよう、府民一丸となって取り組む決意を示したものです。

オレンジロードのイメージ図

京都式オレンジプラン全文

詳細は下記資料をダウンロードしてご覧ください。

「京都式オレンジプラン(京都認知症総合推進計画)」について、冊子の送付を希望される場合は、下記の「発送希望票」をダウンロードし、必要情報をご記入の上、FAXにてお申込みください。