在宅療養あんしん病院

在宅療養あんしん病院登録システム

    システムログインはこちら(病院・医師等関係者用)

    在宅療養あんしん病院登録システムに関するお問い合わせ

    事務局TEL 075-803-1037

あらかじめ必要な情報を登録しておくことで、在宅療養中の高齢者が体調を崩し、在宅での対応が困難になった時に、スムーズに病院で受診し、必要に応じて入院ができるシステムです。

本システムは、早めの対応により、病状の悪化や身体の働きの低下をできるだけ防ぎ、在宅生活を続けることを支援します。

在宅療養あんしんネットワーク
在宅療養あんしん病院とは?

ご利用者(高齢者)が在宅療養を続けるのが一時的に困難になったとき、かかりつけ医に相談の上、入院できる病院

【PDF】在宅療養あんしん病院一覧(平成28年4月1日)

 

かかりつけ医とは?

住み慣れた地域でご利用者(高齢者)の診療を行い、医療、介護、福祉との連携に取り組む医師(「地域で取り組んでいる診療所及び病院の医師」を含む)

在宅チームとは?

在宅療養を日常的に支えており、「入院中から在宅生活への復帰」に向けた支援を行うメンバー

利用者(対象者)

京都府在住の在宅療養中の高齢者(65歳以上)が対象。

医師の訪問診療を受けている方が主な対象となりますが、病状や介護の状況によっては、通院中の方でも医師の判断により対象となる場合があります。

本システム留意点

本システムの利用について
登録した高齢者が、一時的に体調を崩した時に、医師の判断により利用することができます。本システムでは、比較的短期間の入院を想定しており、下記のような、比較的軽度の病状変化で、在宅で診断や治療が困難な場合に、かかりつけ医と登録病院が相談して受診や入院の必要性を判断します。
  • ・肺炎かどうか診断に迷うとき
  • ・脱水など在宅での治療が困難なとき
※以下のような状態は本システムの対象とはなりません。
  • ・急性心筋梗塞、脳卒中、骨折など緊急性の高い病気やケガ
  • ・長期療養を目的とした入院
早期の退院に向けて
本システムを利用して入院した場合は、病院の医師とかかりつけ医が相談して、在宅での治療が可能と判断した時点で退院となります。在宅復帰を病院と在宅チームがサポートします。

医療関係者の方へ

   

    在宅療養あんしん病院登録システムに関するお問い合わせ

    事務局TEL 075-803-1037